クラブ情報

ヒストリー

2000

ミスター神戸・永島がラストマッチで有終の美。天皇杯では初のベスト4

昨季の勢いのまま1stステージ7位 でシーズンを折り返すが、対戦チームのチェックもますます厳しくなり、2ndステージは14位に終わった。しかし、続く天皇杯では準決勝進出の快挙をなし遂げた。この年、ミスター神戸こと永島昭浩が引退。震災直後、神戸の力になりたいと、JリーグからJFLの神戸に戻ってきた永島は、名実ともにヴィッセルの屋台骨として奮迅の活躍をしてくれた。永島は最後の公式戦となる2ndステージ第15節対京都戦の1-1で迎えた延長前半、自らのヘディングシュートで決勝点を挙げ、有終の美を飾った。このとき対戦した京都のカズ(三浦知良)が翌年は神戸のユニフォームを着ることになる。

この年の試合結果一覧

主な出来事

  • 3/11
    '00Jリーグ開幕
  • 5/27
    '00 1stステージを7位で終了(7勝1分7敗)
  • 11/26
    '00 2ndステージを14位で終了(4勝0分11敗)
    第15節対京都戦のあと永島選手の引退セレモニーを挙行

公式戦成績

  • Jリーグ
    11勝1分18敗(40得点・49失点・得失点差-9・勝点33・最終順位13位)
  • チーム最多得点
    和多田充寿 8点
  • ヤマザキナビスコカップ
    2回戦敗退
  • 第80回天皇杯
    準決勝進出

チーム

監督

  • 川勝 良一(Ryoichi Kawakatsu)

GK

  • 掛川 誠(Makoto Kakegawa)
  • 武田 治郎(Jiro Takeda)
  • 安藤 信也(Shinya Ando)
  • 岩丸 史也(Fumiya Iwamaru)

DF

  • 海本 慶治(Keiji Kaimoto)
  • 吉田 恵(Megumu Yoshida)
  • 土屋 征夫(Yukio Tsuchiya)
  • 崔 成勇(Choi Sung-Yong/韓国)
  • 小島 卓(Taku Kojima)
  • 菅原 智(Tomo Sugawara)
  • 谷池 洋平(Yohei Taniike)
  • 北本 久仁衛(Kunie Kitamoto)

DF

  • 安部 雄大(Yuta Abe)
  • 布部 陽功(Takanori Nunobe)
  • 長谷部 茂利(Shigetoshi Hasebe)
  • 吉村 光示(Koji Yoshimura)
  • 河 錫舟(Ha Seok-Ju/韓国)
  • 瀬沼 正和(Masakazu Senuma)
  • 茂原 岳人(Takehito Shigehara)
  • 松尾 直人(Naoto Matsuo)
  • 森 一紘(Kazuhiro Mori)
  • 大島 康明(Yasuaki Oshima)
  • 大塚 雄太(Yuta Otsuka)
  • ファビーニョ(Fabio Augusto Justino/ブラジル)

FW

  • 長田 道泰(Michiyasu Osada)
  • 黒崎 久志(Hisashi Kurosaki)
  • 和多田 充寿(Mitsutoshi Watada)
  • 永島 昭浩(Akihiro Nagashima)
  • 森岡 茂(Shigeru Morioka)
  • 薮田光教(mitsunori Yabuta)
  • 下垣 達也 (Tatsuya Shimogaki)