クラブ情報

ヒストリー

2003

怪我人に苦しむも残留争いを勝ち抜く。シーズン終了後、営業譲渡を発表

シーズン終了後にクラブに激震が起こった。(株)ヴィッセル神戸は12月15日、多額の負債を抱え、債務超過が続いている現状から、経営健全化が困難と判断し、民事再生法に基づき、経営を譲渡することを発表。譲渡先を決定する入札を経て、翌年1月14日、(株)クリムゾンフットボールクラブと営業譲渡契約を締結し、クラブ創設10周年目となる2004シーズンを「新生ヴィッセル」として迎えることとなった。振り返れば、苦難続きの1年であった。神戸ウイングスタジアムを新しいホームスタジアムとし、堅守のスタイルを残しつつ、攻撃のレベルアップを図ったが、序盤に和多田、土屋、佐伯ら故障者が続出。守備のリズムが崩れ、63失点のリーグワースト。途中加入のビスマルク、朴康造らの活躍により、残り2戦でようやくJ1残留を決めたが、つらく厳しいシーズンであった。

この年の試合結果一覧

主な出来事

  • 3/22
    '03Jリーグ開幕
  • 8/2
    '03-1stステージを13位で終了(5勝1分9敗)
  • 11/29
    '03-2ndステージを13位で終了(3勝5分7敗)
  • 12/15
    再生手続開始の申立('03.1株式会社クリムゾングループに営業譲渡)
  • 12/26
    新統括部長に三浦泰年氏が就任
  • 12/27
    新監督にイワン・ハシェック氏が就任

公式戦成績

  • Jリーグ
    8勝6分16敗(35得点・63失点・得失点差-28・勝点30・最終順位13位)
  • チーム最多得点
    オゼアス 13得点/29試合
  • ヤマザキナビスコカップ
    予選リーグ(Aグループ)2勝1分3敗で4位、予選リーグ敗退
  • 第83回天皇杯
    準々決勝進出

チーム

監督

  • 副島 博志(Hiroshi Soejima)

GK

  • 掛川 誠(Makoto Kakegawa)
  • 岩丸 史也(Fumiya Iwamaru)
  • 荻 晃太(Kota Ogi)
  • 不老 伸行(Nobuyuki Furo)

DF

  • 松尾 直人(Naoto Matsuo)
  • 坪内 秀介(Syusuke Tsubouchi)
  • 北本 久仁衛(Kunie Kitamoto)
  • シジクレイ(SIDICLEI de Souza/ブラジル)
  • 吉村 光示(Kouji Yoshimura)
  • 土屋 征夫(Yukio Tsuchiya)
  • 三浦 泰年(Yasutoshi Miura)
  • 田淵 龍二(Ryuji Tabuchi)
  • 保谷 吉昭(Yoshiaki Hoya)

DF

  • 菅原 智(Tomo Sugawara)
  • 佐伯 直哉(Naoya Saeki)
  • 岡野 雅行(Masayuki Okano)
  • アリソン(HARISON da Silva Nery/ブラジル)
  • ビスマルク(Bismarck Barreto Faria/ブラジル)
  • 朴 康造(Kang Jo Park)
  • 薮田 光教(Mitsunori Yabuta)
  • 西谷 正也(Masaya Nishitani)
  • 森 一紘(Kazuhiro Mori)
  • 山口 貴之(Takayuki Yamaguchi)
  • 春永 代志(Daishi Harunaga)

FW

  • オゼアス(OSEAS Reis dos Santos/ブラジル)
  • 三浦 知良(Kazuyoshi Miura/主将)
  • 播戸 竜二(Ryuji Bando)
  • 和多田 充寿(Mitsutoshi Watada)
  • 仲里 航(Wataru Nakazato)
  • 小島 宏美(Hiromi Kojima)