クラブ情報

ヒストリー

2008

「トップ5」を目標に掲げて飛躍を誓うも、2シーズン連続の10位に終わる

J1復帰1年目をクラブ史上最高勝ち点の47、順位を10位とし、着実な成長を見せた2007シーズン。2008シーズンのヴィッセルは引き続き松田体制の下、現役韓国代表ボランチの金南一(キム・ナミル)、横浜F・マリノスよりFW吉田孝行らを積極的に補強し、「トップ5」を目標に掲げ、更なる飛躍を誓って始動した。しかし、順風満帆かと思われた船出は、予想外に早くも暗礁に乗り上げる。2月のグアムキャンプで茂木がアキレス腱を断裂、また右膝を痛めていたエース・大久保も手術を受け、3月にはFWレアンドロも右鎖骨を骨折。いわゆるキーマンが次々と抜け、まさかの苦しい戦いを強いられることになった。なかなかメンバーを固定できない苦しい陣容のなか波に乗り切れず、一時は16位にまで落ち込んだ節もあったが、第27節大宮戦にて7試合ぶりに勝利を収めると、呪縛から解かれたかのように勝ち続け、クラブ史上初の「J1・5連勝」を達成する。リーグ自体も過去に無く混戦を極め、一時は5位以内も狙える位置まで上り詰めたが肝心なところで辛酸を舐め、結局10位。2シーズン連続で全くの同勝ち点、同順位となった。

この年の試合結果一覧

主な出来事

  • 3/8
    '08J1リーグ開幕
  • 12/4
    松田浩監督、今季限りでの退任が発表される。
  • 12/6
    J1リーグを10位で終了(12勝11分11敗)

公式戦成績

  • J1リーグ
    12勝11分11敗(39得点・38失点・得失点差+1・勝点47・最終順位10位)
  • チーム最多得点
    大久保 嘉人 11点/31試合
  • ヤマザキナビスコカップ
    予選リーグ(Aグループ)/3勝1分2敗
  • 第88回天皇杯
    5回戦敗退

チーム

監督

  • 松田 浩

GK

  • 榎本 達也(Tatsuya ENOMOTO)
  • 紀氏 隆秀(Takahide KISHI)
  • 徳重 健太(Kenta TOKUSHIGE)
  • 土井 康平(Kohei DOI)

DF

  • 小林 久晃(Teruaki KOBAYASHI)
  • 北本 久仁衛(Kunie KITAMOTO)
  • 河本 裕之(Hiroyuki KOMOTO)
  • 内山 俊彦(Toshihiko UCHIYAMA)
  • 茂木 弘人(Hiroto MOGI)
  • 石櫃 洋祐(Yosuke ISHIBITSU)
  • 増田 清一(Kiyokazu MASUDA)
  • 柳川 雅樹(Masaki YANAGAWA)
  • 三澤 慶一(Keichi MISAWA)

DF

  • 金 南一(Nam Il Kim/韓国)
  • 朴 康造(Kang Jo Park)
  • 栗原 圭介(Keisuke KURIHARA)
  • ボッティ(Botti/ブラジル)
  • 酒井 友之(Tomoyuki SAKAI)
  • 古賀 誠史(Seiji KOGA)
  • 田中 英雄(Hideo TANAKA)
  • 鈴木 規郎(Norio SUZUKI)
  • 馬場 賢治(Kenji BABA)
  • 三原 雅俊(Masatoshi MIHARA)
  • 松岡 亮輔(Ryosuke MATSUOKA)
  • 豊満 貴之(Takayuki TOYOMITSU)
  • 曽我部 慶太(Keita SOGABE)
  • 伊藤 将大(Masahiro ITO)

FW

  • レアンドロ(LEANDRO/ブラジル)
  • 松橋 章太(Syota MATSUHASHI)
  • 大久保 嘉人(主将)(Yoshito OKUBO)
  • 吉田 孝行(Takayuki YOSHIDA)
  • 須藤 大輔(Daisuke SUDO)
  • 近藤 岳登(Gakuto KONDO)
  • 岸田 裕樹(Hiroki KISHIDA)
  • 上谷 暢宏(Nobuhiro UETANI)