ファンパーク

幼い頃から人見知りな性格だったが、同世代のライバルたちと
しのぎを削ったことで、負けず嫌いな一面を表すようになった。
プロ入り後には現状を打開しようと愛する浦和を離れ、千葉でたくましさを増した。
そして、さらなる成長を求めて神戸に加入した今季、
高橋はどんな進化を遂げるのだろうか。

ジュニアユース時代のポジション転向が転機に

 気がつけば、いつもそばにはサッカーボールがあった。サッカー好きのお父さんの影響もあって家にもサッカーボールが転がっていたし、幼少の頃から自然と『サッカー』で遊ぶことが多かった。

「小学1年生で朝霞三原FCに入部してからも本当にサッカーが好きだったんでしょうね。練習がない日も毎日、放課後はサッカーをしていたし、休み時間もボールを蹴っていることが多かった。友達の中には野球をしていた子もいたけど僕は全く興味が沸いてこなかったし、やってみたいとも思わなかった」

 小学生当時は、チームもあまり強くはなく、彼自身も『プロ』への感心が薄かったことから「ただ好きなだけ」でボールを蹴っていたが、同じ埼玉県で活動するFC浦和が全国優勝をしたのを機に「強いチーム」への憧れが強くなる。また、そのFC浦和でプレーする選手とトレセンで一緒になった経験も彼の意欲を駆り立てた。

「当時から人見知りというか、友達や知っている人は全然大丈夫なのに、初対面の人は苦手で……。小学6年時に県トレセンに選ばれた時も、周りはFC浦和の選手も含めて知らない人がほとんどだったので、誰とも話さなかったし、サッカーでも全く自分を出せずに終わるというパターンでした。でも、少なからず一緒にプレーしたことのある、同じ県のチームの選手が全国大会に優勝したというニュースにはすごく刺激を受けたというか。彼らの能力はトレセンで知っていただけに『うまい選手と一緒にサッカーをしたい』という思いが強くなり、それが浦和レッズ・ジュニアユースへの加入へとつながりました」

 結果的に浦和のアカデミーにはユースチームまで6年間を過ごした。加入したての頃は同級生にも知らない顔が多く、最初は嫌々ながら練習に参加していたそうだが、次第に仲間とも打ち解けられるようになり、「楽しい」という思いが強まっていく。中でも、時折、クラブの方からトップチームのチケットをもらい、スタジアムでプロの試合を生観戦できたことは、彼のサッカー熱を高める出来事だった。

「憧れの選手はいなかったけど、たくさんのサポーターの熱気やスタジアム全体の空気感、試合の迫力を肌で感じて、すごいな、と。その衝撃が『もっとサッカーをうまくなりたい』という気持ちにさせてくれた」

 ただ、ジュニアユース時代の1、2年生時は全くと言っていいほど試合に絡めなかった。小学生時は特に決まったポジションがなかったものの、県選抜でボランチを預かっていたからだろう。加入すぐの頃からボランチでプレーしていたが、「ほとんど自分らしさを出せなかった」と本人。小学生時には通用したボランチからのドリブルでの仕掛けもあまり評価されなかった。

 そんな彼にとっての転機は、3年生になる前後に、足の速さを買われて右サイドハーフにポジションを移したこと。それによって、彼自身も「すごくしっくりいっている」という手応えをつかむと、水を得た魚のように前線で存在感を示すようになる。それに伴い出場機会は一気に増え、気がつけばキャプテンも任されていた。

「なぜ僕がキャプテンになったのか……いまだに分かりません(笑)。3年生になって、いきなり、ある試合で監督から『今日は峻希がキャプテンをやれ』ってキャプテンマークを渡されて。てっきり、その試合限定だと思っていたら、結局、1年間ずっとキャプテンでした(笑)。でも、それによって自分に初めて責任感みたいなものが芽生えたというか。それまではチームをまとめるとか、引っ張るという考えはなかったし、試合に出場することに対しても、ただ勝ちたいとか、自分がいいプレーをしたいというだけだった。だけど、キャプテンになったことで、レッズを代表して試合をするということへの責任感みたいなものを感じながらプレーすることが増えて、それまでの自分から変わることができた」

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.13[JUL.2014]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.13[JUL.2014]
  • 「今月の男:高橋峻希」(高橋峻希選手特集)
  • 田代編集長のレンタルルーム IN THE ROOM~翼の部屋
    (大屋翼選手がチョンウヨン選手をゲストに迎えた対談)
  • ブラジルワールドカップ特集!
    監督、全選手による優勝予想&おススメ選手紹介
  • HASSY's EYE(橋本英郎選手がプレーや戦術を解説)
  • あの人は今(第3回:和多田充寿氏) ほか

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

高橋峻希

Profile
高橋峻希(たかはし・しゅんき)
右利きながら左右を遜色なく務めるユーティリティーなサイドバック。鋭いドリブル突破と豊富な運動量での攻撃参加を得意とするが、守備面でも高い身体能力を背景に、体を張ったプレーでチームに貢献する。浦和ユース時代は年代別代表にも選出。今季「初心に戻りたかった」と強い思いを持って完全移籍で神戸へ加入。
1990年5月4日生まれ、埼玉県朝霞市出身、169cm/68kg