ファンパーク

学生時代からサッカーにおいても勉強においても
一度やると決めたら「できるようになるまでやり続けた」。
常に明確な目標を描きながら、キャリアを積み上げてきた
奥井 諒は念願だったプロ入りの夢を叶え、
さらなる伸びしろに期待して、ひたむきに目標へと向かう。

G大阪ユース昇格の返事を待たず高校進学を決断

 根っからの、負けず嫌いだ。幼少の頃から勝負事となれば必ず「勝ち」にこだわった。サッカーはもちろん、学校の体育の授業、運動会、ゲームやトランプ……「負ける」瞬間を味わいたくなくて、劣勢になるとトランプを途中で放棄したことも何度もある。それが許されない時は、自分が勝つまで何度でも周りに再戦を願い出た。

 その「負けず嫌い」な性格が小学3年生でサッカーを始めてからもずっと、自分を駆り立ててきた。負けたくないから練習をしたし、負けたくないから頭を使うことを覚えた。もともと運動神経は良く、隣町の豊中市立西岡小学校サッカー部に入部した時も「周囲に比べてそれほど自分が劣っているとは思わなかった」そうだが、小学4年生でガンバ大阪ジュニアに加入し、周囲と自分とのレベルの違いを痛感してからは、その負けず嫌いに拍車がかかった。

「同学年に安田晃大(現ガイナーレ鳥取)がいたんですけど…、彼が衝撃を受けるくらいサッカーがうまくて。しかも、6年生になって大阪トレセンに選ばれたら、そこにいたのが曜一朗(柿谷/現バーゼル)ですからね。彼らのおかげで、僕の負けず嫌いが加速したところはありました。と言っても、それは一方的なもので、向こうは僕をライバルとは思っていなかったはずだけど(笑)」

 練習をやればやるほど、うまくなる感覚にも背中を押され、狭き門をくぐり抜けてジュニアユースに昇格した奥井だったが、初めて同チームの練習に参加した日から周囲のレベルの高さに衝撃を受けた。当時はサイドハーフを預かることも多かったが、自分でも自覚するほどプレーに物足りなさを感じることも多く、中学1、2年時は試合に出場する機会もほとんど与えられなかった。

 そんな彼にチャンスが巡って来たのは、中学3年の夏に出場した日本クラブユースサッカー選手権(U-15)だ。どんな経緯で出場機会をつかんだのかは覚えていないそうだが、彼は同大会に初めて左サイドバックとして出場。チームの準優勝に貢献する。しかもその活躍が認められ、優秀選手に選出された彼は、日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)、通称メニコンカップにも出場した。

「記憶が正しければ、ジュニアユース時代の3年間のうち、1年強はサイドバックでプレーしたはずですが、僕としては試合に出られるならポジションにこだわりはなかったですからね。当時は『試合に出たい』『そのためには練習しかない』ってことだけを考えていた。だからこそ、自分で『一番最初にグラウンドに行って、一番最後に帰ろう』と決めてからは、学校が終わると毎日、立ち漕ぎで20分ほど自転車を走らせ、誰よりも早く練習を始めていました。また練習後にも時間が許す限りひたすら自主練をして……特に一対一の練習は相当やりましたね。両親はいつも何かを強いることはなく、一歩引いたところから見守ってくれていたのですが、そうして自主性を尊重して育ててもらったせいか、自分で『これをやる』と決めたら、それができるようになるまでやり続けるような子供でした」

 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)での経験は、彼に「自分の力はある程度通用する」という自信を抱かせた。ただ、頭角を現したのがやや遅かったこともあってだろう。他の同学年の選手にはユース昇格が通達されていたのに対し、奥井にはなかなかそうした知らせが届かなかった。また「客観的に自分を見ても、試合に出たのがたった半年ではユース昇格は無理だろう」と考えていたこともあって、彼はクラブからの返事を待たずに履正社高校への進学を決断。親のアドバイスもあり、自宅から通える高校を選択した。

 当時の履正社高校サッカー部は大阪府下で決して強豪校とは言えなかったが、周囲の奥井に対する評価は高く、彼は国体メンバーやナショナルトレセンに選出されるなど、着実に成長を続けた。そのナショナルトレセンでは、彼の運命を変える出来事が起こる。と言うのも、サイドバックが不足していたある試合で、「中学時代に経験があるので、僕がサイドバックをやります」と名乗りを上げたら、そのプレーが当時のU-17日本代表の城福浩監督(現ヴァンフォーレ甲府監督)の目に留まり、U-17日本代表に選出されたのだ。奥井にとっても驚きの選出だった。

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.18[DEC.2014]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.18[DEC.2014]
  • 「今月の男:奥井諒」(奥井諒選手特集)
  • 田代編集長のレンタルルーム IN THE ROOM~イシヅの部屋
    (石津大介選手が田代有三選手をゲストに迎えた対談)
  • ヴィッセル神戸×十ノ拾伍
    (森岡選手と松村選手がイタリアンバルで食レポ!)
  • ヴィッセル神戸×CelebTicket
    (河本選手と大屋選手がセレチケでセレブ気分を満喫!) など

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

奥井諒

Profile
奥井諒(おくい・りょう)
俊足を生かしたオーバーラップと思い切りの良いミドルシュートを武器に、崩しやフィニッシュに絡む攻撃的右サイドバック。昨季はチーム最多の出場時間(3,570分)を誇り、影のMVPと言える活躍を見せた。今年は負傷などもあり、悔しいシーズンとなったが、その悔しさをバネに来季も更なる成長に期待したい。
1990年3月7日生まれ、大阪府豊中市出身、169cm/62kg