ファンパーク

両足で、ヘディングで、いかなる形でもゴールを奪える万能ストライカーは、
苦しむ現状に強い責任を感じている。「僕が決めていれば……」。
タイトルを目指す神戸に新たなエースとして迎えられた
期待、前線を預かる責任を自覚し背負うからこそ、もがいている。
決意を新たに、渡邉千真は狙い続ける。チームを勝利へ、タイトルへと導くゴールを。

チームとしても、個人としても、今はとにかく結果が欲しい

―先日のナビスコカップ予選リーグ最終節の名古屋グランパス戦に快勝し、決勝トーナメント進出を決めました。ご自身もゴールで勝利を後押しされましたね。 「予選を突破できたのは良かったし、ここ数試合、僕も含めて前線の選手にゴールがなかっただけに、僕やペドロ(ジュニオール)にゴールが生まれたのは良かったと思います。ただ、長いシーズンで考えれば、たった1試合勝っただけなので満足はしていません。チームとして、個人として、勝利を引き寄せるための得点や内容には、まだまだ物足りなさを感じているからこそ、これを続けていきたいです」

―おっしゃるように、J1リーグでは清水エスパルス戦、ベガルタ仙台戦と悔しい試合が続いています。 「仙台戦は僕が最初のチャンスでしっかり決めていれば勝ちゲームだったと思うし、これまでの試合を振り返っても、点を取れていないことが結果に大きく影響していますからね。もちろん、毎試合のように失点していることもチームとして課題ですが、僕は前線の選手だけに、やはり点が取れていないことに責任を感じています」

―「点が取れていない」理由をどのように分析していますか? 「個人的な決定力不足もありますが、チームとしても攻撃が単発になっているというか。連動して、人数をかけた攻撃ができていない。今年はネルシーニョ監督のもとで、まずはチームとして守備からの意識を強く持った戦いを続けていますが、それを徹底する必要はあるにせよ、勝つためには『得点』が必要ですからね。それを取るために様々なバリエーションを持って、相手に脅威を与える攻撃を仕掛けられているかと言えば、まだまだその形も回数も少ない。それに加え、『まずは守備から』という意識で入っているのに、チームとしてそこを徹底できず、しかも自分たちのミス絡みで失点してしまう不安定さも、流れを悪くしている理由の一つだと思います」

―ネルシーニョ監督は失点について「本来、やれるはずのことを、試合の中でやり続けられないから結果が出せない」ともおっしゃっていました。 「確かに、それはありますね。試合にはいい時間帯も、悪い時間帯もあって当然だと思うんです。でも、そのどちらの時間帯においても、やるべきことを徹底できていたら、ゴールを許すことはない。単純に、悪い時間帯でもみんなで耐えしのぐことができれば、負けることはないですから。例えば仙台戦がその顕著な例だったと思います。あの試合では、ほとんどの時間帯でヴィッセルが「いい時間」を過ごしていたと思うんです。つまり、仙台はほとんどの時間帯で『悪い時間』を過ごしていたことになりますが、仙台はその悪い時間帯を守り切ったことで、結果的に、ワンチャンスをつかんで勝利をモノにした。今、僕らに足りないのはそこなのかな、と。悪い時間帯を共通理解を持ってしのぎ切ることもそうだし、いい時間帯の時に自ら首を絞めるようなミスを犯して失点するようなことも減らさなければいけない。かつ、そのいい時間帯に点を取ることですよね。仙台戦のように、ほとんどの時間帯で主導権を握った戦いをしながら無得点で終わったのは……繰り返しになりますが、FWを預かる一人として、本当に責任を感じるところです」

―「点が取れていない」事実がチームとしても、個人としてもプレッシャーとしてのしかかっているところもあるのでしょうか? 「確かに、メンタル的な要因はあるかもしれません。勝たなきゃいけない、勝ちたいという思いは毎試合、強く持って試合に臨んでいますが、逆にそれがちょっとした焦りにつながったり、自信を失わせているというか……。『この状態を何とかしたい』という思いが『前へ』という気持ちになり、それがプレーにも表れるのはいいのですが、その分ミスが増えたり、もっと落ち着いてプレーしてもいい場面で焦ってゴールを狙いにいったりしていることも多い。この世界では勝利という『結果』がついてくることでチーム状況が好転することもあるけど、今はその『結果』もなかなか出せていないですからね。そう考えると、戦術面での課題以前にメンタル的な弱さがプレーに出てしまっているのかな、と。実際、今シーズンもナビスコ杯のモンテディオ山形戦で初勝利を挙げたのを皮切りに7試合負けなしの戦いを続けた時期がありましたが、あの時も言わば『勝ち』が勝ちを生んでいたというか。まだまだチームを作っていく段階の時期で、戦術がすごく熟していたというわけでもないのに、『結果』がチームを勢いづけ、自分たちのサッカーへの自信を深めることにつながっていた。そう考えても、今はとにかく結果が欲しい。チームとしても、個人としても」

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.22[JUL.2015]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.22[JUL.2015]
  • 「MONTHLY MAIN CAST」(渡邉千真選手特集)
  • 安田理大編集長企画「外国籍選手の素顔を暴く!」
    (マルキーニョス、ペドロジュニオール、フェフージン、チョンウヨン、ブエノ)
  • マルキーニョス選手150ゴールの軌跡
  • 「ヴィッセル選手の絵しりとり」田中英雄選手
  • 「VISSEL LAB」山本海人選手
  • 小川慶治朗が一日店長「ORE★TEN」に就任! など

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

渡邉千真

Profile
渡邉千真(わたなべ・かずま)
ゴールへの嗅覚に優れる万能型ストライカー。国見高校、早稲田大学を経て09年に横浜FMに加入すると、1年目から13得点を挙げ新人王に輝く。12年からFC東京でプレーしたのち、今季より神戸に完全移籍。ナビスコ杯の横浜FM戦で2ゴール1アシストを記録するなど、ここまでチームトップとなる公式戦6得点を挙げている。
1986年8月10日生まれ、長崎県雲仙市出身、182cm/77kg