ファンパーク

さらなる成長を追い求めて神戸へやって来た、
ハードワークと卓越した展開力を備えるJ屈指のボランチ。
「結果を出し続けることに集中したい」。
新たな環境でプレーする楽しさや、成長への予感を感じながらも、
藤田直之は勝利だけを目指す。
チームメイト・スタッフ、そしてサポーターと最高の瞬間を味わうために───。

自分のプレーの幅や発想を広げていけそうな予感がある

―今シーズンのリーグ戦はヴァンフォーレ甲府戦で開幕しました。悔しいスタートになりましたね。 「開幕戦は全くいいところを出せずに終わりましたからね。相手が引いてくるのは想定内で、『相手がDFラインでつないできたら、しっかり前から圧力をかけてボールを取りにいこう』と言っていたのですが、フタを開けてみれば、甲府は予想どおり引いて守ってきた上に、DFラインがボールを持ったら蹴ることを徹底してきました。試合後、ネルシーニョ監督にも言われたように、もっと気持ちの部分を前面に出さなければいけなかったのも事実ですが、正直走るスペースもないし、相手にボールを持たれた瞬間に蹴られてカウンターを食らうしで、攻守にどっちつかずになり、プレーしている僕たちも、観ている人にとっても面白くない試合をしてしまった。ですが、ああいう戦い方をしてくるチームはこれからもあるはずだけに、守備的な相手をいかに崩すかは今後も課題の一つになってくると思います」

―一方、翌節のアルビレックス新潟戦は開幕戦後にネルシーニョ監督が強調されていた『気持ち』を強く示して今シーズン初勝利を挙げました。 「個人的には甲府戦に敗れたことで、すごく焦りを感じていて。というのも、加入して最初の公式戦で、絶対に勝たなければいけないと思っている相手にホームで完封負けですからね。かなり危機感があったし、監督にも言われたとおり、気持ちすら示せなかったからこそ『このままシーズンを戦っていったら絶対に良くない』というのはすごく感じていた。それはおそらく監督も同じで……正直、新潟戦までの1週間はかなりピリピリとした空気が流れていたし、紅白戦でもうまくいかなければすぐにやり方を変える、というふうに3つくらいのフォーメーションを試しました。その中で最終的にはチームが機能するやり方にたどり着いて新潟戦を迎え、試合中は苦しい時間帯がありながらも、監督の采配の意図を理解しながら全員が最後まで勝利にこだわって戦ったことで勝点3をつかむことができた。この結果はチームにとってすごく大きかったと思います。これを続けていくことで本当の勢いにしていきたい」

―2点のリードを奪いながら、一度は逆転を許しました。あの時間帯をどう振り返りますか? 「一番の反省点は前半のラストプレーでCKから失点したこと。少しタイミングをずらした、特殊な間合いで蹴ってきたCKでしたが、あのシーン以外にも新潟は何度かああいうCKを蹴っていましたからね。『ボールをしっかり見よう』と言っていたのに、正直あの時間帯は息も上がって、しかもラストプレーということもあってゆるい空気が流れていた。その隙を突かれて失点してハーフタイムを迎え、後半も相手に流れが傾いたまま早い段階に同点にされて、さらに逆転された。あそこは自分も含めて経験の浅さが出たと思います。本当に経験のある強いチームなら、ああいうところで絶対にやらせないはずだけど、若いチームがゆえの未熟さが出てしまい、一気に流れを持っていかれてしまった。ただ、あのまま終わることも十分に考えられたけど、そこで盛り返せたのは自信にしていいところだと思います。前半から徹底していた前線からのプレスをバンバンはめて、という展開を続けながら、早い段階で追いつけて逆転できたことが勢いにもなりましたが、あの局面から再逆転できたのはチームのメンタルがあってこそ。開幕戦の敗戦を教訓にした結果だったと思います」

―この2試合、2ボランチと3ボランチの両方を試しました。ボランチに求められている役割を教えてください。 「基本的に守備に関しては、相手の戦い方に対して『この選手はこういうプレーが得意だから、このプレーだけは絶対に制御しろ』と、選手の特徴まで細かく分析した情報を監督が与えてくれます。だから、やることはハッキリするし、それを徹底することがまずもっての仕事になります。一方、攻撃に関してはさほど決まり事はなく、自由にやっていいという感じ。だからこそ、もう少しうまく前線と絡んでいければ、というのが今、一番の課題に感じている部分ですね。例えば、新潟戦なら3ボランチでスタートし、僕や(前田)凌佑が前線に出ていった時は(村松)大輔がしっかり絞るという約束事があり、その分思い切って攻撃に絡んでいけましたが、ああいうプレーをどんどん増やしたい。そうすれば相手の攻撃を制御することにもなるし、自分たちの攻撃も助けられるはずだから。もちろん、相手の戦い方やこちらの布陣にもよりますが、そこは意識的にやり続けたいと思っています」

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.29[MAY.2016]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.29[MAY.2016]
  • 巻頭特集「FEATURE」(藤田直之選手特集)
  • 新編集長スペシャル対談(前田凌佑選手×渡邉千真選手)
  • 「VISSEL LAB」キムスンギュ選手
  • 「ヴィッセル選手の絵しりとり」田中雄大選手
  • 新連載「Roots」東隼也選手
  • いぶき日記ダイジェスト など

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

藤田直之

Profile
藤田直之(ふじた・なおゆき)
攻守にピッチを駆ける献身性や高いキック精度、代名詞のロングスローを武器とするボランチ。6年間在籍した鳥栖を離れ、今シーズン神戸へ移籍。開幕からスタメンに名を連ね、早くも神戸の新たな心臓としてチームを支えている。
1987年6月22日生まれ、福岡県飯塚市出身、175cm/68kg