ファンパーク

激しいポジション争いを勝ち抜き、
ボランチとして開幕戦からチームを支えている三原雅俊。
「どれでもいいから獲りたい」。
初タイトル奪取へ闘志を燃やす男が語るのは“継続”の重要性だ。
「積み上げてきた力を発揮する」。
それをブレることなく繰り返し続けた先に、待望の瞬間が待っている。

「力負けした」と感じる試合が減ってきている

―今シーズンは1stステージ開幕戦から先発出場を果たしました。《開幕戦》でスタメンを預かるのは、やはり特別なものでしょうか? 「昨シーズンは開幕前にケガをしてしまったため、開幕戦はリハビリ中でしたからね。今シーズンはとにかくケガをせずに開幕を迎えようと心に誓っていたと考えれば、まずはそれをクリアした上で先発できたのは良かったです。ただ、試合内容はいまひとつで……。ヴァンフォーレ甲府にしっかり守られたこともありますが、自分たちの良さを全く出せず、僕自身も途中交代になってしまい反省しか残らなかった。ここまでの試合を振り返っても、甲府戦は今シーズンのワーストゲームの一つだと思いますが、そういう試合を開幕戦からしてしまったことへの未熟さを痛感しました」

―その開幕戦を皮切りに、ここまで、コンスタントに試合出場を続けています。昨シーズンとは違う手応えを感じているところも多いですか? 「試合に絡めていることは一番の刺激だし、喜びですが、その中身があまり進歩していないというか。相変わらずネルシーニョ監督には怒られますし、試合ごとに自分のプレーを見直しても波があり、ミスも多い。そういう意味では危機感しかありませんが、それでも試合に絡めているという事実が自信になっているところもあります」

―ご自身の役割としては、昨シーズンから変化したところはありますか? 「ボランチについては昨シーズンと同様に、2枚になったり、3枚になったりしていますし、枚数や一緒に組む選手によって求められる役割は変わりますからね。3枚のインサイドハーフを任された時は、基本的に相手のボランチにより早く、強く寄せることで仕事をさせないことを意識していますし、先日の2nd第9節のガンバ大阪戦でダブルボランチを組んだ時には中盤のスペースを埋めながらバランスをとってプレーすることを心掛けました。というように、試合によって役割はまちまちですが、いずれにせよ、昨シーズンの中心選手だった森岡亮太(シロンスク・ヴロツワフ)が移籍した分、守備を心掛けながらも、ボランチのところから前線にパスを供給できなければ攻撃が回らないという自覚はあります」

―チームとして、今シーズンの新たな強みと感じている部分はどこですか? 「前線ですね。レアンドロとペドロ(ジュニオール)、(渡邉)千真さんのいる前線のカウンターのスピードや、個人の能力の高さは相手にも警戒されるくらい脅威になっていると思います。実際、後ろから見ていてもかなり強烈で、心強い前線ですからね。その3人を守備で走らせることになれば、そういったストロングポイントも消えてしまうからこそ、自分の仕事はいかに彼らを気持ち良くプレーさせられるか。また、そういったチームとしての武器が明確になってきたことで、『完全に力負けしたな』と感じる試合が減ってきていることも手応えを感じている点です。実際、ここまでの試合も結果的には負けた試合もあったとはいえ、自分たちのストロングポイントをしっかり発揮して試合を進められれば勝てる、もしくは最低でも引き分けに持ち込める内容ばかりでしたからね。それはチームにいい意味で精神的な余裕が生まれるようになったからかもしれません。事実、最近は相手がボールを持っている状況なら、カウンターで突けるなという気持ちの余裕があるし、逆に相手がプレッシャーを掛けてこなければ、自分たちが強気でプレッシャーを掛けられている。しかも、その先にレアンドロやペドロといった個人で得点が奪える能力の高い選手がいるとなれば、なおさらチームも落ち着いて戦えます。ただ、問題はそういった力をコンスタントに発揮できていないこと。そこが安定してきたら確実に上位を争えるようになると思います」

―ここまでの試合のベストゲーム、ワーストゲームを挙げるなら? 「ベストゲームといっても課題はありますが、1st第4節のG大阪戦はほぼ危なげなく、自分たちらしく戦えたのかなと。また、同じく1st第11節の名古屋グランパス戦も展開としては苦しかったけど、早い時間帯にレアンドロがゴールを決めた後、チームとして我慢しながら戦えた手応えがありました。特に名古屋には長い間、勝てていなかったですしね。逆にワーストゲームは、先程も話した甲府との開幕戦と、僕が退場になった1st第12節川崎フロンターレ戦。昨年の天皇杯に続き、2年連続の退場ですからね。個人的に反省しなければいけないし、試合としても終始、川崎Fのパス回しに後手を踏んで完全に上回られた。さっき『力負けしたと感じる試合はあまりない』と話しましたが、この2つは例外でした」

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.35[NOV.2016]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.35[NOV.2016]
  • 巻頭企画「ヴィッセル戦士ファッションチェック」
    田中英雄選手、前田凌佑選手
  • 特集「FEATURE」三原雅俊選手
  • 「VISSEL LAB」中坂勇哉選手
  • 「ヴィッセル選手の絵しりとり」山本海人選手
  • 「Roots」前田凌佑選手
  • 「いぶき日記ダイジェスト」 など

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

三原雅俊

Profile
三原雅俊(みはら・まさとし)
優れたバランス感覚と安定した守備力を兼備するボランチ。今季は前線へのパス供給にも意欲的に取り組み指揮官からの信頼を勝ち取り、開幕戦からスタメン出場。チームの成長に手応えを感じるとともに、初タイトル奪取へ強い意欲を燃やしている。
1988年8月2日生まれ、熊本県熊本市出身、175cm/67kg