ファンパーク

決してエリートではない。ただ、幼い頃からゴールを決める能力には自信があった。
無名だった自分をプロの世界に導いてくれたのもゴールだ。
支えてくれる人たちの想いを乗せて──。
吉田は19年目を迎えたキャリアを力強く生きてきた。

無名選手からのサクセスストーリー

 滝川第二高に進学するまでは、全くの無名選手だった。奈良県に生まれ、兄と『キャプテン翼』の影響でサッカーを始めたものの、小・中学生時代に所属していたチームは県大会にも出場できないほどの弱小チーム。小学4年時から所属した上牧SCでは4年生ながら、5、6年生の試合にも出場したり、中学生時も1年時からレギュラーで点を取りまくっていたが、そのプレーが誰かの目に留まることはなかった。

 そんな吉田に転機が訪れたのは、兵庫県に転居後の東谷中学3年時のこと。兄から「兵庫県で強いのは滝川第二高やぞ」と教えられた彼は、すぐに中学の先生に同校のサッカー部に入部する方法を探ってもらう。結果、セレクションの存在を知ると、先生に連れられて参加。そこで当時、同校のコーチだったゲルト・エンゲルス氏(現モザンビーク代表監督)の目に留まる。兵庫県選抜等にも選ばれていない全くの無名選手の合格は珍しい出来事だった。

「当時、無名選手が滝二のセレクションに受かるなんてことはなかったらしくて。なのにゲルトに見いだされ、1日で獲得を決めてくれた。だから、のちに黒田和生監督に『孝行は、無名でも探せばいい選手はいるということを教えてくれた選手だ』と言われたのはすごくうれしかったし、実際、僕がきっかけで無名でも、能力が認められれば獲得するようになったそうですから。そのこともすごく励みになった。ただ……自分で言うのも何ですが、実はセレクションを受けた時から『僕が一番うまいな』って思っていて(笑)。当時は特にライバル心もなく、周りと自分を比べたことがなかったけど、セレクションで初めて同世代の、違う学校の選手とボールを蹴ってみて「間違いなく自分のほうがうまい」と心の中で確信した(笑)。その証拠に入学前からレギュラーに抜てきされましたしね。何が良かったのかは分からないけど、FWでめっちゃ点を取っていたことだけは覚えています」

 滝川第二高ではメキメキと頭角を現した。この時に初めて若い世代の日本代表にも選出。93年にはU-17日本代表として宮本恒靖や中田英寿、故・松田直樹らとともに初めての世界大会に出場した。

「同世代の日本のトップレベルの選手たちとプレーしたことや、U-17W杯でイタリア代表のFWトッティやGKブッフォン、ナイジェリア代表のFWカヌらと戦えた経験は、大きな刺激でした。中でも印象的だったのがGKブッフォン。内容的には僕らが圧倒していた中で、GKと僕が1対1の場面を迎えて。その時に、いつもの感覚でGKをかわしてシュートを打とうとしたら、後ろからニョキっとブッフォンの手が伸びてきて防がれた。絶対に抜けたと思ったのに……これが世界か、という衝撃は今でも鮮明に覚えています」

 そうして世界を実感し、かつ、同世代のトップレベルの選手たちとプレーした経験や、そこで「自分もやれる」という自信を得たことは、吉田に《プロ》という目標を明確に抱かせた。だから、高校卒業を前にしたプロクラブからのオファーに迷いはなかった。選んだのは横浜フリューゲルス。彼の才能を見出したゲルト・エンゲルス氏がコーチをしていたことや高校の先輩のGK森敦彦、MF山口素弘やMF前園真聖など名だたる選手が所属していたことが決め手になった。しかも吉田はプロ初年度の95年からピッチに立つ。先に名を挙げた選手をはじめ、MFジーニョやMFサンパイオらそうそうたる選手に支えられ、高校を卒業したてのルーキーは躍動した。

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.04[AUG.2013]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.04[AUG.2013]
  • 奥井諒選手インタビュー
  • 「今月の男:吉田孝行」(吉田孝行選手特集)
  • タシロの部屋(田代有三選手が髙柳一誠選手をゲストに迎えた対談)
  • 相馬崇人の欧州名手探訪(相馬選手の目線でおススメの欧州名手を紹介)
  • 橋本英郎&田中英雄の「神戸エムケイ株式会社へお邪魔します」
  • 田代有三&三原雅俊の「イーザッカマニアストアーズ1日体験レポート」
    ほか

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

吉田孝行(よしだ・たかゆき)

Profile
吉田孝行(よしだ・たかゆき)
2年連続で主将を務めた昨季は、キャンプ中の怪我に始まり、終盤も肉離れを抱えるなど負傷の絶えないシーズンだった。一度は引退を考えながらも、神戸がJ2に降格したことなどから、「そのまま逃げ出すのが嫌だった」と現役続行を決意。チーム最年長、36歳の戦いは続く。
1977年3月14日生まれ、兵庫県川西市出身、174cm/67kg