ファンパーク

『キャプテン翼』にあこがれた少年がGKになるきっかけは"じゃんけん"だった。
以来、自信をつけながら成長し、時には挫折も経験しながら、
ようやくたどり着いたプロの世界でさらなる高みを目指して戦っている。
昨日の自分より、今日の自分がいいプレーヤーであるために──。
ヴィッセル神戸のゴールマウスを守る守護神の挑戦は続く。

故郷の鹿児島から長崎へ 大型GKの挑戦の始まり

 幼稚園に通っていた頃、テレビアニメの『キャプテン翼』の虜になった。当時はまだそれがサッカーというスポーツとは知らず、テレビを指差してしきりに「これがしたい!」と両親にアピールしたそうだ。その願いを叶えるべく、武小サッカースポーツ少年団に入部したのは小学1年の時。ところが、そこは『キャプテン翼』とはかけ離れた世界で「楽しい」と思うようになるには少し時間を要した。「チームの方針からか、1~3年生はでんぐり返しや側転をしてからダッシュとか、ブラジル体操をしながらグラウンドを周り続けるとか。体を動かすことに重きを置いたメニューばかりであまり楽しくなかった。土曜日になるとスパイクを履いたまま川に行って遊んだり……まあ、それは楽しかったんですけどね(笑)。サッカーというより完全にアスレチックでした。そう考えると、サッカーを楽しいと思うようになったのは、ようやくサッカーらしいことをやり始めた小学4年から。でも、最初の練習試合でじゃんけんに負けてGKになり……以来ずっとGKをすることになってしまいました」

 その言葉からも推測できるように、GKには当初、全く乗り気ではなかった。体の使い方やセービングの仕方も分からず、やり始めた頃はなんと「飛んできたボールに対してゴールマウスにお腹を向けてセービングしていた(笑)」とか。それでも、JリーグのGKのプレーを集めたビデオを参考に我流でプレーを身につけていったことが実を結び、小学5年時には鹿児島市選抜に選出される。このことはGKというポジションでプレーすることを受け入れるきっかけになった。

「ビデオで観たプロのGKをまねしてプレーするうちに、少しずつセーブできる回数が増えてきて。楽しくなり始めた頃にクラブ初の鹿児島市選抜にも選ばれ、しかも鹿児島県下の大会で僕のサッカー人生で初の優勝を経験したんです。それがすごくうれしかったし、選抜の一員として戦えたことも自信となって、GKである自分を初めて少し誇らしく思えた。それによって『もっと一生懸命頑張ろう』という気持ちも芽生えました」

 中学生になり、そうした思いは体が大きくなっていくのと比例して膨らんだ。小学生時代と同様、所属する武中学サッカー部は強くはなかったが、一方で徳重自身は鹿児島県選抜への選出も刺激となり、「強い高校に行きたい」という思いを加速させた。その中では地元の鹿児島実業高校への進学も考えたが「弟が2人いたし、子供心に私学への進学は親に金銭的な負担をかけすぎると思った」と徳重。それもあって、長崎県の国見高校への進学を決めた彼は中学3年になる直前に長崎県へ転校する。後押ししてくれたのは武中サッカー部のコーチだった。

「国見に行きたいという話をしたら、コーチが初対面の小嶺忠敏先生のところに『見てほしい選手がいます』と直談判に行ってくれて、1日だけ練習に参加させてもらった。そしたら、練習着はおそろいのアシックスで、その時は専用バスで百花台公園の芝のグラウンドまで行って練習して、バスで高校に帰るという感じで。『プロみたいだな!』と感動して一気に国見熱が高まり、結果的に僕自身もドイツ人GKコーチに評価してもらったこともあって進学が決まった。でも、入部してみたらバスで百花台公園に行くのは年に数回。ほとんど走って往復していました(笑)」

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.05[SEP.2013]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.05[SEP.2013]
  • 橋本英郎選手インタビュー
  • 「今月の男:徳重健太」(徳重健太選手特集)
  • タシロの部屋
    (田代有三選手がイグァンソン選手、カンユング選手をゲストに迎えた対談)
  • 相馬崇人の欧州名手探訪(相馬選手の目線でおススメの欧州名手を紹介)
  • ラジオ関西「GOGO!ヴィッセル神戸」~6th Anniversary-Hide's Edition-~
    (DJ:田中英雄選手、ゲスト:小川慶治朗選手)
    ほか

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

徳重健太(とくしげ・けんた)

Profile
徳重健太(とくしげ・けんた)
至近距離から放たれたボールを驚異的な反応で防ぐシュートストップで、神戸のピンチを何度救ってきたことか。親交のある大リーガーのイチローを尊敬し、オフの自主トレでは課題のキックを繰り返し練習するなど日々鍛錬を積み重ねる「努力の人」。
1984年3月9日生まれ、鹿児島県鹿児島市出身、187cm/87kg