ヴィッセル神戸

トモニイコウ

ノエビアスタジアム神戸

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場 ≫

ホームスタジアムである「ノエビアスタジアム神戸」は、サッカー史の中で数々の国際試合が開催された神戸市立中央球技場を2002年FIFAワールドカップ日韓大会開催の際に新しく建て替えられた常緑天然芝の国際級球技専用スタジアムです。名称は「神戸ウイングスタジアム」ですが、2007年3月からはネーミングライツ(命名権)により「ホームズスタジアム神戸」に、そして2013年3月からは新たに「ノエビアスタジアム神戸」となりました。
このスタジアムは球技専用スタジアムなので、スタンドとピッチの距離が非常に近いのが特徴です。最も近いバックスタンドでは僅か6m。選手同士の激しい競り合いや息づかいまで伝わって来るほどの迫力で試合をお楽しみいただくことができます。また、座席の勾配についても配慮されており、スタンドのどの位置からも観やすく、最上段でもスタジアム全体の臨場感を味わっていただくことができます。
さらに、屋根は開閉式となっており、雨天でも濡れずに観戦いただくことが可能。その他にも座席空調システムの完備や大迫力の大型映像装置が2面設置されている等、ご来場いただいた方が快適に試合をご観戦いただけるように配慮されたスタジアムです。是非スタジアムへ足をお運びいただき、この「ノエビアスタジアム神戸」の迫力に満ちた臨場感をお楽しみください。

所在地 〒652-0855
神戸市兵庫区御崎町1丁目2番2号 御崎公園内
収容人数 30,132人
規模 建築面積:約31,706.15m2、床面積:約58,744.22m2、高さ:約45.0m
Webサイト http://www.noevir-stadium.jp/

路線図

路線図


[電車でのご来場]

※JR和田岬線「和田岬駅」は運行本数が少ないのでご利用いただけない場合があります。

[車でのご来場]

[駐車場について]