ファンパーク

2021沖縄トレーニングキャンプ

2021沖縄トレーニングキャンプ

DAY 6 2月9日(火) 役割とポジション取り

キャンプも折り返しとなる6日目がスタート。本日はトレーニングメニューもお伝えできない、完全非公開となりますので、こぼれ話をいくつかご紹介します。

今朝のビーチでは何か変わったことと言えば、波打ち際に何か打ち上げられているのを酒井選手、初瀬選手が発見したことでしょうか。近づいて携帯で写真を撮っていました。正体はちょっと大きめのイカのようでした。ちょっと、と表現しましたが、そんじょそこらのスーパーではお目にかかれないサイズではあったようです。

キャンプは長期間の滞在となり、トレーニングも2部練習があったりするので、練習着、個人の衣類などたくさんの洗濯物が出ます。そこでホテルの一室がランドリーやエキップルームに様変わりします。ランドリールームには、ジャージ上下、インナー、ソックスなど種類に合わせてボックスが用意され、選手、スタッフがここに持ってくるようになっています。

練習が長引いた際などは、締め切り時間を知らせる連絡が携帯に届き、選手がちょっと待って!と書き込んだりといったやり取りが起きたりします。今回のキャンプでは、酒井選手が「10分待ってもらえませんか?」と書き込んだところ、マネージャーではなく山口選手が「だめです」と返答し、酒井選手が「お願いしまーす」と続けると、藤本選手が「あかんでー」と返すといった仲の良いやり取りがありました。

写真はスタッフのエキップルーム。楽天イーグルスからスタッフへリポビタンDの差し入れがあり、置いてありました。3日ほどで空っぽになっていました。栄養ドリンクありがたいです!

キャンプでは他にもいろいろな差し入れをいただきます。キャンプ地の方からは、大きな花束と沖縄県の佐渡山牛いただきました。いつもは贈呈式などを行っていただくのですが、今回は新型コロナウイルスの感染予防対策もあり、対面での受け渡しはなく、山口副キャプテンに花束と目録を持って写真に納まってもらいました。三木谷会長からは米澤牛の差し入れをいただき、ちょうど本日のディナーでふるまわれました。選手、スタッフともに大喜びで、荒井マネージャーは何度もお代わりをし、藤本選手に「何回も並びすぎやぞ」といじられていました。みなさま差し入れ、本当にありがとうございます。引き続きどしどしお待ちしております(笑)。

新型コロナウイルス予防対策としては、様々なことが実施されていますが、トレーニング後の練習場でのシャワーも禁止されているというのもその一つです。そのため練習場からのバスの出発時間も余裕がないことが多く、若手選手がマネージャーの片づけを手伝う姿がよく見られるのも今回のキャンプの特徴かもしれません。キャンプでなくてもいつもボールを一緒に片づけたりしてはいますが、キャンプは練習を上がる時間がほぼ一緒なのでより手分けして行っている印象です。

写真は荷物を運ぶ初瀬選手、ボトルの水を捨てて片づけている若手選手たち。櫻内選手も手伝っていますが、今日のメディア向けの囲みインタビューで気持ちは10代と話していたので、パスコースだけでなく、こんなところにも顔を出してくれいるようです。

手前に中坂選手が写っていますが、この直後に「よし、写真に写ったし、もうええやろ!」と言ってみんなを笑わせつつ、去っていきました。おそらくは、ボトル作業をする人数が多かったので、もう大丈夫だろうと別のスペースを探しにいったのかと思われます。プレー中から顔をよく振っていることが、こんなところにも活きてくるのかもしれません。

本日は、トレーニング後に藤本選手、菊池選手、郷家選手参加によるYouTube用動画撮影が行われ、続いて櫻内選手、井上選手がメディア向けの囲み会見、ファンクラブ「ヴィッセルシップ」会員向けのオンライン交流イベントに古橋選手、小林選手が参加しました。
囲み会見の様子はVISSEL CHANNEL +でもご覧いただけます。

交流イベントでは、席をどちらに座るかといった話で小林選手は左センターバックだし、左側では?となりましたが、「享梧くんが僕の左前にいることが多いので、僕は右かな」と左のスペース(席)を譲っていました。スマートな小林選手、今後のポジション取りにも注目です。

今日は沖縄キャンプこぼれ話でした。お付き合いありがとうございました。明日は練習の模様をお伝えできるかと思います。お楽しみに。

沖縄キャンプでの選手たちの様子は、毎日動画が「VISSEL CHANNEL +」に公開されます!

▼VISSEL CHANNEL +はこちら▼
https://www.vissel-kobe.co.jp/visselcp/