ファンパーク

『タイトル』獲得のための新戦力としてクリムゾンレッドのユニフォームに袖をとおして約半年が過ぎた。
開幕当初こそ好スタートを切ったヴィッセルだったが、後半戦に入って勝ちあぐね、苦しい戦いを続けている。
それでも渡部博文は加入に際して心に決めた思いをブレずに持ち続けている。
「ヴィッセルの歴史において、一番勝利を挙げられるシーズンにしよう」。そのために日々、楽しみながら己を磨き、目の前の試合に全力を注ぐ。

チャレンジが本当の意味での成長につながる

―加入から約半年。早々にフィットを見せ、J1リーグのほとんどの試合にフル出場を続けています。ご自身のパフォーマンスにはどんな手応えを感じていますか? 「自分のプレーにはまだまだ満足していないし、何より今はチームの結果も出ていないので、もっともっとやらなくちゃいけないと思っています。ただ、ここまで大きなケガをすることなく戦えていることは自信につながっているし、これからも継続していきたいと感じていることの一つです」

―移籍は3度目ですが、新しい環境にスムーズに溶け込むために、意識していたことは? 「まず心掛けたのは、既存の選手の話をたくさん聞くことでした。それがヴィッセルを知ることにもつながるし、チームに溶け込むための一番の近道だと考えていたからです。タク(岩波拓也)やヒデさん(田中英雄)をはじめ、加入したての頃はクニさん(北本久仁衛)ともよく話し、クラブの歴史や現状を自分なりに理解していきました。ただ、僕たち新加入選手は、新たな血をこのチームに注ぐことを期待されて獲得されたはずですからね。単に聞き入れるだけではなく、チームが良くなるために必要だと感じたことは発言していきたいとも考えていました。……と、言葉にすると堅苦しく聞こえるけど、正直あまり難しくは考えていなかったです(笑)。シンプルに、スタメンで試合に出続けながら、その先にチームが目指す『タイトル』を描き続けることができれば、何かしらの変化や結果につながっていくと思っていました」

―その中で開幕4連勝と好調なスタートを切りましたが、ここに来て勝ちあぐねる試合が続き、吉田孝行監督代行が指揮を執ることになりました。ご自身にとってもシーズン途中の監督交代は初めての経験だと思いますが、チームにはどんな変化を感じていますか? 「正直、雰囲気は想像していたほど悪くならなかったように思います。もっとどんよりした空気になるのかと思っていたのですが、実際はネガティブな発言をする選手もいないし、みんなが「どうやってこの現状を変えていくべきか」をポジティブに考えている。ピッチでもこれまで以上に声が出るようになり、選手同士がコミュニケーションを取る機会も増えていますしね。また、タカさん(吉田監督)も、新しい選手をうまく融合させながら、『勝つ』ことにどう近づいていくべきかを示してくれているし、タカさん自身からも「チームを盛り上げていくんだ、良くしていくんだ」という思いが伝わってくる分、選手とスタッフ陣がこれまで以上に密にコミュニケーションを取れている。ただ、今はまだ監督が交代して2試合ですから。すべてがうまくいっているわけではないし、実際に結果が出ていないですが、僕自身はこの流れがいい方向にチームを向かわせてくれるんじゃないかと思っています」

―具体的に、勝てていない現状を打破するために、プレー面ではどんな変化が必要だと思いますか? 「まずは守備で迷いをなくすこと。後ろの選手だけではなく中盤も前線も、全員が守備に対する迷いがなくなって、同じ方向を向いて戦えるようになれば、もっと全体がコンパクトになって、より密な『組織』を築けるんじゃないかと感じています。実際、この2試合は後ろでしっかりブロックを組んでカウンターを仕掛けるという狙いに共通意識を持って戦えましたが、90分を通してみると綻びや隙が生まれて失点してしまっている。また、守っているだけでは勝てないからこそ、攻撃についても当然、改善の必要は感じています。堅守速攻を仕掛ける上で、カウンターを成功させるには、もっと個々のプレーの特長を生かすべきだと思うのですが、それがまだまだできていない。直近のジュビロ磐田戦を例に挙げるなら、先制点のシーンも、僕は(小川)慶治朗が裏に走るのが得意な選手なので、それを狙ってパスを出し、慶治朗がルーカス(ポドルスキ)につないでゴールになりましたが、慶治朗ではなく、足元でもらうのが好きなルーカスを狙うのも一つの手だったと思うんです。そうすれば、また違ったパターンでゴールを成立させられたかもしれない。つまり、状況や選手の特長に応じた判断を、僕を含めてもっと一人ひとりの選手が臨機応変にできるようになる必要性を感じています」

◇   ◇   ◇

つづきは、オフィシャル月刊誌「ヴィッセルスマイル」Vol.43[OCT.2017]でお読みください。

ヴィッセルスマイル Vol.43[OCT.2017]
  • 巻頭スペシャル対談
    渡邉千真選手×鮫島彩選手(INAC神戸) 「神戸をもっと盛り上げる!」
  • 特集「RECOMMEND FACE」渡部博文選手
  • 「VISSEL LAB」小川慶治朗選手
  • 「秘蔵PHOTO COLLECTION」前川黛也選手
  • 「VISSEL FAN DAY in マリンピア神戸」レポート
  • 「コーチングスタッフインタビュー」安部雄大コーチ など

価格:500円(税込)

「ヴィッセルスマイル」の詳細

渡部博文

Profile
渡部博文(わたなべ・ひろふみ)
今シーズン、ベガルタ仙台から完全移籍で加入した大型センターバック。186センチの長身を生かした空中戦と対人守備を持ち味とし、ここまでリーグ戦はほとんどの試合に先発フル出場。安定したディフェンスで守備を支えつつ、セットプレーやビルドアップで攻撃面でも存在感を示している。
1987年7月7日生まれ、山形県長井市出身、186cm/80kg