ニュース/レポート

レポート・更新2017年12月2日

「2017ファイナルセレモニー」のレポート(会長・主将・監督コメント)

本日12月2日の2017明治安田生命J1リーグ最終節vs.清水エスパルスの試合後に行いました「2017ファイナルセレモニー」のレポートを掲載します。

ご挨拶

楽天ヴィッセル神戸株式会社 代表取締役会長 三木谷浩史

サポーター、スポンサーの皆さま、本当に1年間どうもありがとうございました。リーグ戦は大変残念な結果に終わりまして、申し訳なく思っておりますが、まだ天皇杯が準決勝、決勝と残っております。一緒に応援して、ぜひ正月の決勝に行きましょう!よろしくお願いします。

 

ヴィッセル神戸 主将 渡邉千真

サポーターの皆さん、スポンサーの皆さん、そしてヴィッセル神戸に関わるすべての皆さん、たくさんの応援、ありがとうございました。リーグ戦の結果には満足していませんが、下を向かずに前を向いて、もっともっと強くなれるように頑張っていきたいと思います。リーグ戦は終わりましたが、まだ天皇杯が残っています。タイトルを目指して、クラブ一丸となって頑張っていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします。1年間ありがとうございました。

 

ヴィッセル神戸 監督 吉田孝行

スポンサーの皆さん、ファン・サポーターの皆さん、1年間ご支援・ご声援ありがとうございました。今シーズンは自分たちが思い描いていた結果とまったく違う結果になりました。本当に申し訳ありません。言い訳はしません。自分自身のコーチとして、監督代行としての指導力の無さに、本当に責任を感じています。しかし、どんなにつらいときも、選手たちはあきらめずに頑張ろうとしてくれました。それを後押ししてくれたのは、間違いなく、ここにいるサポーターの方々だと思います。本当にありがとうございます。まだ、天皇杯が残っています。あと2つ、あと2つで優勝することができます。なんとか元日まで行き、(タイトル獲得に向けて)戦っていきたいと思いますので、どうか皆さんも最後まで一緒に戦ってください。よろしくお願いします。ありがとうございました。

 

三木谷良一賞

「三木谷良一賞」はシーズンを通して最もチームに貢献した選手へ贈られる賞として2013年に創設されました。
2017シーズンの「三木谷良一賞」は、ピッチ内、ピッチ外で常にチームを支えた田中英雄選手が受賞しました。

■2017シーズン受賞選手:田中英雄選手

 

フォトギャラリー