ニュース/レポート

クラブ2020年7月16日

Jリーグ関西4クラブによる「負けへんで!関西」プロジェクト第2弾のお知らせ

このたび、Jリーグに加盟する関西4クラブ(京都サンガF.C.・ガンバ大阪・セレッソ大阪・ヴィッセル神戸)が一つになり、また自治体と協力し、近畿2府4県の皆様へ「勇気」「笑顔」を取り戻していただけるような活動、またJリーグが推進している社会連携活動(シャレン!)の一環として6月に「負けへんで!関西」プロジェクトを立ち上げております。

今回は、このプロジェクトの第2弾として各クラブの選手が登場する「熱中症予防」啓発のサイネージ画像を制作し、7月16日より各自治体で順次掲出される予定となっておりますのでお知らせいたします。

 

 

日増しに暑くなる中、いまだマスク着用が必須となっており、身体への負担がかかり、熱中症へつながることが危惧されています。本サイネージが多くの方の目に触れることで、ソーシャルディスタンスを取りながら適宜マスクをはずして休憩する、水分補給を行うなど個々での注意喚起につながることを願っております。

なお、第1弾の「ソーシャルディスタンス」啓発のデジタルサイネージ等につきましては、2府4県の協力自治体、協力団体200ケ所以上で掲出いただきました。

 

「負けへんで!関西」プロジェクト概要

■プロジェクト協力団体:株式会社京都パープルサンガ・株式会社ガンバ大阪・株式会社セレッソ大阪・楽天ヴィッセル神戸株式会社・公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)

■掲出協力自治体・団体/掲出場所:大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県および各市町村・公益財団法人大阪観光局

■デザインデータ(各クラブ自治体名入りを使用):京都サンガF.C. 庄司悦大選手・ガンバ大阪 倉田秋選手・セレッソ大阪 柿谷曜一朗選手・ヴィッセル神戸 古橋亨梧選選手

■掲出期間:7月16日(木)~ 9月末予定 
※各自治体により、開始および終了期間が異なります。

  • 楽天カード(株)
  • 楽天メディカル