ニュース/レポート

更新2021年11月27日

「2021ファイナルセレモニー」レポート(会長・監督・主将・選手会長コメント)

本日11月27日(土)2021シーズン ホーム最終戦となる、2021明治安田生命J1リーグ第37節vs.横浜F・マリノスの試合後に行いました「2021ファイナルセレモニー」のレポートを掲載します。

 

ご挨拶

楽天ヴィッセル神戸株式会社 代表取締役会長 三木谷浩史

本当は勝って大盛り上がりする予定だったのですが、ちょっと選手も力が入りすぎたみたいでどうもすみませんでした。

とはいえこの2年間コロナという人類の中でもなかなか無いような大変な出来事がありました。特にサポーターの皆さんには我慢していただきながら、応援していただいてありがとうございました。今日の試合は少し残念でしたが、他力本願ではありますが、ACLに出場できることになりました。選手の皆さん本当にご苦労さまでした。神戸もこのような形でやらせていただいて、だいぶ長いこと皆さんには我慢をしていただいて、J2に落ちたこともありましたし、苦労もしてきました。何とか本当にてっぺんが狙えるところまで来つつあるのかなと実感しています。これからもクラブ、スポンサーの皆様、サポーターの皆様のお力を借りながら、頂上を目指して頑張りますので、一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします。

 

ヴィッセル神戸 監督 三浦 淳寛

本日は、ご来場いただいた皆さん、たくさんの応援ありがとうございました。また、コロナ禍で非常に難しい状況の中、変わらずチームを支えていただいた、スポンサーの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

今シーズンのスタートに、我々はACLの出場権の獲得を目標を立てました。実際目標達成できましたが、この目標を達成するのに私は2つの要因があったと思っています。まず一つは、選手たちが日ごろの練習を非常に大切にしてくれたこと。今シーズンスタート時に、今年いっぱいはとにかくサッカーにかけろという話の中で、選手たちが自分の貴重な時間を、サッカーにかけてくれてくれました。それが、間違いなくこの成績に結び付いたと思います。選手たちはよく頑張ってくれました。おつかれさまです。そして、もう一つの要因は、一致団結や一体感という言葉は、もちろん言葉で発するのは簡単ですが、何か問題があったときには、一致団結、一体感のあるチームはできやすいと思います。ただ、何もない状況の中で、一致団結するのは難しいですけど、今シーズンはいぶきの現場、元町の事業部、そしてサポータが一致団結して、この我々目標を勝ち取ったと感じています。この一致団結というのは、神戸の強みでもあるし、ヴィッセルファミリーである、現場、事業部、サポーター、この3つが本当に一致団結すれば、我々が目標としているものも達成できると思っています。

まだアウェイの鳥栖戦がありますが、最後の締めも含め、最後まで戦って、アジアの頂を目指して、みんなで頑張っていきましょう。

 

ヴィッセル神戸 主将 アンドレス イニエスタ

こんにちは、皆さん。おめでとう、皆さん。

今日はクラブにとって歴史的な日です。本当に皆で喜ぶべき日だと思います。

まず初めに、この難しい状況の中、変わらず応援してくださったサポーターの皆さんに感謝したいです。皆さんのエネルギーをずっと感じてきましたし、それが私たちにとって大きな力になりました。

1年前ACLのタイトルを持ち帰ってきますという約束をして旅立ちました。残念ながら一歩そこには及びませんでしたが、準決勝の試合が終わったときに、必ず来シーズンACLの出場権を勝ち取ろうと自分たちで約束しあいました。今日それを成し遂げて、そして来シーズン必ず去年の約束を果たすために全員で力をかけて戦います。そして、今ここに集まったチームメイト、関係者のみなさんも称えたいと思います。この場にいない、郷家選手、ボージャン選手、ドウグラス選手も含めて、今年は本当にハードワークと野心を持って戦い抜いたと思いますし、今年成し遂げたことは誇りに思うことだと思います。

残り1試合しっかり勝ち切って、来シーズンキャプテンとして今年以上にハードワークをし、いい戦いをして、目標を達成することを誓います。

ありがとうございます。

 

ヴィッセル神戸 選手会長 山川 哲史

皆さん今日も熱い応援をありがとうございました。ACL出場権獲得ということで、今シーズン(ACL出場権獲得を)チーム目標に掲げてきましたが、それは選手や監督スタッフだけではなく、今いるヴィッセル神戸に関わるすべての方が同じ方向を向いて戦った結果だと思います。一致団結した力はすごく大きなものになると思うので、まだ1試合残っていますが、残り1試合、また来シーズンもヴィッセル神戸に関わる人で一丸となって、共に戦って、今後も神戸の歴史を皆さんで作っていきましょう。ぜひよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

三木谷良一賞

「三木谷良一賞」はシーズンを通して最もチームに貢献した選手へ贈られる賞として2013年に創設されました。2021シーズンの「三木谷良一賞」は、ピッチ内、ピッチ外で常にチームを支えた酒井高徳選手が受賞しました。

■2021シーズン受賞選手:酒井高徳選手

 

PICK UP フォト

 

INSIDE 動画