ニュース/レポート

クラブ2010年6月2日

DF宮本恒靖選手の負傷について

かねてより、右足関節を痛めていました、ヴィッセル神戸所属DF宮本恒靖選手(33)は、本日(6月2日)、兵庫県内の病院にて、右足関節内遊離体と診断され、手術を行い、無事終了しましたのでお知らせいたします。なお、全治約1ヶ月の予定です。

宮本 恒靖(Tsuneyasu MIYAMOTO/33歳)
■診断名:右足関節内遊離体
■全治:約1ヶ月の見込み

【宮本恒靖選手プロフィール】
■1977年2月7日生まれ、33歳
■DF、背番号14
■2010シーズン出場記録:J1リーグ戦3試合出場0得点、リーグカップ戦4試合出場0得点

  • 楽天カード(株)
  • 楽天メディカル